男女におすすめの結婚指輪デザインまとめ【婚約指輪との重ね付けも】

Menu

結婚を成功させるために

LOVE

心の財産になる

京都で結婚するときでも、婚約指輪は大切なものです。事前に意味を理解して、結婚を成功させましょう。婚約指輪は結婚の約束を証明するものです。口約束より信頼度の高い約束になります。しかし京都でも婚約の段階では名字を変えたり、書類を届け出したりする義務はありません。婚約指輪を贈ることで男性は女性を守り、女性は男性を支えていく決心を表すものでもあります。そして資産としての価値よりも、生涯心の財産となるのが婚約指輪です。以前はサプライズとして事前に男性が選び、女性に贈ることが一般的でしたが、今では2人で選んでいるカップルが増えています。生涯の記念になるため、本当に彼女の気に入ったものを贈りたいことが原因です。どちらの方法にするかは彼女の性格が判断材料になるので、事前にさり気なく聞き出しておくとよいでしょう。そして贈るタイミングとして、結納や顔合わせの約3ヶ月前には彼女に手渡しておきます。このときの贈り方は大切です。1生の思い出になるため彼女の誕生日や2人の記念日などを選んで贈ることです。また婚約指輪を2人で選んだ場合でも、改めて贈ってあげることで彼女は喜びます。そして女性は婚約指輪を身につけるタイミングに、決まったルールはありません。多くの人は贈ってもらった時点で身につけています。しかし正式に結納を行うケースでは、京都でも地域によって記念品として、贈ることが決まりごとになっている場合もあります。このときは結納を行った日から身につけることです。そして結婚式当日は結婚指輪と一緒に、婚約指輪も身に着けたいものです。この場合結婚指輪を交換するときは、婚約指輪を右手の薬指に付けておきます。結婚指輪を左手の薬指につけてもらったら、自分で婚約指輪を右手薬指から左手薬指に移して重ね付けすることが正式な方法になります。京都でも結婚を成功させるために、これらの婚約指輪に関することを理解しておきましょう。